検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR

スポンサーサイト

--.--.--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Dr.日野原重明の講演会 

2010.06.08
今日は、仕事が終わってから、 竜美ヶ丘会館で、日野原先生の講演会に行ってきたよ

タイトルは、「変革を要する日本の間違った看護」


hp

http://www.toyookakai.or.jp/toyooka_recruit/outline/event004.html

超簡単にまとめると日野原先生は、看護師のようにいつも患者さんのそばにいる人たちが、もっと知識や技能を高めて
いけば、日本の医療はもっといいものになる、と説いています

法律が、どんな医療行為を誰がしていいか、がんじがらめにするけど、
実際に的確で正しい知識のもと、処置ができ、それが現場で認められれば、
法律を変えることだってできる、という姿勢です

私は医療職としての知識も技能もまだ浅はかだけど、
日野原先生の言っていることはもっともだと思う

科学知識も技能もますます発展し、医療の幅も日々広がっているのだから、
医療従事者がそれぞれもっと勉強して、仕事の幅を広げていかないと、時代に追いつかない。

古い法律に縛られて、せっかくの人的資源を無駄にするのは、もったいなさすぎる

これは、看護師や薬剤師の処方権にも関与する問題だと思う

日野原先生の聖路加看護大学院がうまく行けば、看護師に処方権が与えられる一つの要因となるだろう
(政治の動向からして、それより先に看護師にも処方権が与えられるかもしれないが)

薬剤師ものこのこはしていられないぞっっ

スポンサーサイト

テーマ : 本日の日記
ジャンル : 日記

Trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。